スポンサーサイト

  • 2018.04.10 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    クラブワールドカップ・・・

    • 2017.12.15 Friday
    • 01:04

    JUGEMテーマ:サッカー

     クラブワールドカップが始まった。世界中のクラブチームのナンバー1を決める大会である。日本では日テレでテレビ放送されている。去年、日本の鹿島アントラーズが決勝まで進出し欧州王者のレマルマドリードを苦しめたとして話題になった。

     さあ、私は毎年クラブワールドカップを見ているとイライラする。それはなぜか、日テレの放送姿勢が気に入らないからである。今年の大会は日本開催ではないにしろ、注目度が低いのはこのせいだと思っている。それも日本の浦和レッズが大会に参加しているのにである。日本のクラブが出ているにも関わらず、日本では地上波放送が無かった、地上波で放送するのは準決勝からでそれ以前の一回戦、準々決勝は衛星放送である。クラブワールドカップは、文字通りクラブチームのワールドカップで、大きな国際大会の一つだ。なのに準決勝からしか地上波放送しないのは、どれだけ日テレがこの大会に力を入れていないかが見て取れる。

     放送姿勢で気に入らないのはこれだけではない。昨日の準決勝、開催国王者のアルジャジーラと欧州王者のレアルマドリードの試合があった。このとき、放送で注目したのはレアルばかりだった。実況や、スタジオトークではレアル、レアル、レアルの一点張りである。前半アルジャジーラのリードで折り返したにも関わらず、レアルマドリードの一点張りである。これがずっと続いた。私は、頭にきてしょうがなかった。

     確かに、欧州サッカーは時代の最先端だし、資金力も選手層も違う、欧州王者になる様なクラブチームは他の地域のクラブとは違い、FIFAランクが上位の国の代表クラスの選手の集まりみたいなチームが多く、選手のレベルの差は目に見えてわかる。だが、スポーツはやってみるまで結果はわからない。サッカーも同じだ。チーム戦力が劣っていようが勝つ可能性が無い訳ではない。対戦するチームのどちらが勝つかは試合が終わるまでわからないのである。タラレバを言えばきりが無いが、タラレバが出るくらい、どちらにもチャンスがあるし、どちらにもピンチがあるのがサッカーだ。それを放送する側が、完全にレアルが勝つと決めきった様な放送の仕方をしていることに私は違和感しか感じない。メディアは構成公平な報道がされるべきではないだろうか。どちらのチームに対してもリスペクトを持って決して見くびらないで平等な立場で取り扱うベキではないだろうか。

     極端なことを言うなら、どうせ欧州が強い、欧州が勝手当然、もしくは大人の事情で欧州に勝たせなければいけないというのならば、そもそもこんな大会やらなければいい。これを南米チームにもあてはめるなら。旧トヨタカップの大会内容に戻せば良いだけだろう。

     そういったことでないのであれば、もっと注目度を持たせて、日本のサッカー文化の発展のために、偏向的に報道するのではなく、世界の大会として、どれくらいすごいのか、どんな感動があるのかをきちんと伝えるべきだと思う。

     この報道姿勢が変わらないなら、ぜひ日テレには、NHKかテレ朝に放映権を譲ってもらいたい・・・

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM