スポンサーサイト

  • 2018.04.10 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    タバコについて話したい

    • 2017.12.18 Monday
    • 01:29

    JUGEMテーマ:政治思想

     私は喫煙者である。タバコについて話すなら、まず前提として喫煙者か非喫煙者かということは重要だと考える。基本的にタバコの話をする場合、非喫煙者の方は否定的な意見になることが多いからだ。だからといって喫煙者の意見ばかり聞けば良いという物でない。タバコ問題の難しい点である。

     今、私がタバコで気になっているのは、タバコ税の税収減という問題についてである。タバコ税の税収減を問題視するニュースを見たとき私は『何をアホなことを』と思った。それは、私がタバコをすっているからではない。まず、現代はタバコに対する規制を強めたり、税率を高くして喫煙者を減らす方向に向かっていること。そして、TVのCMでもよく目にする禁煙治療などにより喫煙者を健康にするという方向で世間は進んでいる。世間的にはタバコに対するネガキャンにより喫煙者自体が減っている傾向にあるのでは無いだろうか。だから、タバコの税収が減るのは当たり前であって、増えるはずが無いのである。喫煙者の減少は政策の成功という見方もできるはずである。で、あるのにも関わらず、税収減を問題視するのはお門違いはなはだしいのではないだろうか。もし、タバコ税が減って困るのであれば、タバコを吸う人を増やすか税率を上げれば良いだけである。結果的に前者は、継続的な喫煙者が増えタバコ税の税収が上がる可能性がある。後者は、タバコを吸う人が減りタバコ税の税収減につながる。タバコは健康問題として取り扱われるので、健康な人間を増やしたいのであれば、極端にタバコを吸う人をなくす方に舵を取れば良いだけの話である。

     喫煙者として思うのは、ルールを守っていても悪い目で見られがちということがある。私はルール、モラルを守っていれば基本的に何をしても良いじゃないかという思想なので、タバコもそれほど気にしたことが無かった。ただ、中学時代のアホだった頃はタバコ数やつ死ねと極端なことを思っていたこともある。だが、今は喫煙者だ、時代柄、肩身が狭くなるのは仕方ない、事実として健康被害も出てることだし。だが、ルールを守っていればとやかく言われる筋合いは無いはずだ。私は、根拠なく言われるととても腹が立つ。

     JTの吸う人も吸わない人も快適な町づくりをには大変感銘を受けるようになった・・・(笑)

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM