スポンサーサイト

  • 2018.04.10 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    文系とか理系とか...

    • 2018.04.08 Sunday
    • 23:58

     私は文理選択をしたのは高校一年の秋だったか。数学が好きだった、というか得意な方だったということもあり、文系に行くと合わなそうな奴が多そうということもあり、行きたい大学は演劇系の学部があるところだったにもかかわらず理系を選んだことを覚えている。

      さて、文系と理系というこの分野選択の大きな違いとはなんだろうか。よく言われるのは理系は論理的な思考で考えるだとか、文系は情緒的に考えるだとか、主に頭の使い方の差の様な事が言われるが、本当にそうなのだろうか?

     大学に行けば必ず論文だったりレポートだったりを書かなければならない。論文を書くためには、ある程度理論的に考え、一つ一つの事象に対して理由をつけてそこから自分の考えであったりだとか、そういう事が考えられるのかというところを書いて行く。もし理系が論理的な思考しかできないのであれば、文系の人はレポートとか論文が書けないということになる(過大解釈だが...)でももし文理の区分がそうだとすれば、行きて行く上で必要な考えるということができるのは理系だけということになる。

    だが、実際はそうではないはずだ。では、文理の明確な基準てなんなのだろうか。私は好きな分野を選択するという事だと思う。もしくは自分のなりたい職などで必要なところを選ぶという事だと思う。例えば歴史が好きでそのまま勉強したければ文系だし、建築系に行きたいとか、数学者になりたいとかなら理系だし、人の頭の使い方というところは全く関係がない。というか関係しないべきだと思う。必要な、考えて結論を出すということは誰でも持つべき能力だからだ。

     だから、文系とか理系とか実はそんなに重要じゃないはずなのである。


     久しぶりすぎる更新だ。ブログは怠惰だが、割と最近忙しい。でも、何か書きたいという気持ちになったので、今日は更新した。

    スポンサーサイト

    • 2018.04.10 Tuesday
    • 23:58
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM