スポンサーサイト

  • 2018.04.10 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    久しぶりに自分の話...

    • 2018.04.10 Tuesday
    • 23:01

     大学時代だとか、高校時代だとかって言う話じゃなく、なんかぐじゃぐじゃしてる自分の今、というかを書こうと思っている。

     主に演劇に対してのことになる。というか演劇に対しての今の自分の想いみたいなもの?なのかな。

     演劇をやめて3年から4年程度経っただろう。未練はない。というと嘘になるのかどうなのか。ただ、もう自分が役者として本腰入れて舞台をやりたいとは思っていない。でも、あと1回くらいは自分が面白いと思ったら台本で舞台に立ちたいというのはある。もうプロというものは目指す気は本当に全くない。でも、演劇やりたいと思うことはある。

     多分、不完全燃焼で終わっているというのが大きい。それと、プロになりたかったけど、チャレンジすらせずならなかった(なれたかどうかはわからないが)というところに対するちょっとした後悔みたいなものはあるんだろうと思う。それくらい、舞台に対して人生をかけていたし、演劇に対してだけは真面目でいたかった。すごく真面目だった。他のことは正直どうでもいいくらいだったわけだ。大学時代も高校時代も。

     演劇をしてきて後悔はない、今の自分の考え方とか、人間形成の部分で演劇に影響を受けた部分は多い。そしてそれは、自分にとって誇れるものだと思っている。自分を語る上で演劇は欠かす事が出来ない。演劇だけは欠かせない。

     情熱を持って舞台に望んでいた私が今、手に職つけるために就職活動をしている。どうしても演劇に関連してエントリーシートなどを書いてしまっている。それくらい私の中で大きなものが演劇なんだと改めて確認した。自分の中で、これから何をしたいのかと考えると、演劇をやる人をサポートしたいという気持ちが大きい。それもアマチュアだったり、学生だったりというところだ。プロはいい、別に何も伝えるべきことはない。だがアマチュアは必要な知識や技術を手に入れる事が難しい。やりたくても何から始めればいいのかわからないのが芸術活動だ。演劇もそうだ、そういう人たちに、ガイドラインが作れたらとか思っている。

     でもそれをやるのは、実はすごく難しい。今の私にはお金がない。だから簡単に起業はできない、寄付を募ろうにも演劇の必要性が認められなければ無理だ。

     やりたい事を持ちたくないと大学を辞め、フリーターも辞めてから思っていたが、どうしてもやりたい事が必要とされる。正直なんでもいいから金稼がせろや的な考えも私の中にはある。でも、やりたいことと言われると、今の大学で勉強してきて考えて渦巻いているものもある。この辺の葛藤というか、矛盾というか、どう整合性をつければいいのか、難しいところだ。

     

     だいぶダラダラ書いてしまった。

    スポンサーサイト

    • 2018.04.10 Tuesday
    • 23:01
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << January 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM